赤根彰子オフィシャルサイト・現代ヨーガアシュラム



じっせん こころのヨーガ

新刊本「じっせん こころのヨーガ」

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

gendaiyoga store

CD サンプルムービー

CD・DVD・BOOKS

山形旅行・15・ドッコ沼へ

 

8月1日(火)7:00に朝食ビュッフェを食べて、8:20にチェックアウト。荷物をホテルで預かってもらって、あじさいの咲く、あじさい坂を下りて行きます。蔵王山麓駅に向かうと

右と左、両方にロープウェイの電光掲示板があって

『どっちなんだ?』

私は蔵王山麓駅は左だと思ったのですが、栃木のSさんは右だと。

ちょっと後から歩いてくる山形のHさんに確かめると

「右」という手振り。

右に進むと、後ろから

「ごめ〜〜ん。左〜〜」

と山形のHさんと和歌山のDさんは、左へ。

私とSさんも走って戻って左へ。やはり蔵王山麓駅は左でした。

けれど左へ行ったHさんは

「今日は、曇っていて山頂へ行っても何も見えないと思うから、

鳥兜(トリカブト)山へ行くので、やっぱり右、右」

と言って、私たちは再び Uターン。

ロープウェイは8:30発ですが、すでに8:30を過ぎています。

それでもロープウェイは私たちが乗るのを待っていてくれました。

チケット売り場のお姉さんは

「今日は、ガスがかかっていて何も見えない可能性がありますがよろしいですか?」

と、確かめられて、私たちはともかくロープウェイに乗りたかったので

「了解です。大丈夫です」

と急いで、ロープウェイに乗り込みました。

 

ロープウェイには、他のグループの人たちも載っていて

みんな登山する人たち。完全装備です。

そしてロープウェイは、灰色の中を登っていき、視界ゼロ。

なんだか、すごく面白いです。

 

ロープウェイの案内の人は、なんとか、人々の気持ちを盛り上げようといろいろ説明してくれます。

そして山形のHさんが

「ケーブルカーでドッコ沼に行きたかったのだけれど、ケーブルカー動いてないんですよね」

と聞くと

「ケーブルカーは動いてないですが、リフトが動いているので、リフトでドッコ沼に行けます」

ということ。

『え〜〜〜。ということはリフトにも乗れるということ?』

と乗り物好きの私とHさんは、心の中でVサイン。

 

 

ロープウェイで到着した鳥兜山の山頂の展望台から眺める

山形市内は、灰色で、視界ゼロ。何も見えません。

 

 

とりあえず、「開運」の大黒様の像があったので

「開運」のために手を合わせます。

 

 

開運の鐘もあって、とりあえず、全員順番に開運の鐘を鳴らします。

これで「開運」したということで、視界ゼロの中、リフトへと向かいました。

 

 

リフトへの道も視界ゼロ。なんかワクワクします。

 

 

実はリフトにあまり乗ったことがなかった私はドキドキ。

 

 

「リフト初心者で〜す」と言うと、リフト管理のお兄さんが

丁寧に乗り方を指導してくれます。

ベルトも何もない、ただ腰掛けているだけで、足がブラブラ。

『靴が脱げたらどうするのだ〜〜』

と、足の裏とお尻がなんだかサワサワします。

でも、楽しいです。

リフトを降りるときも

「リフト初心者で〜す」というと、リフト管理のお兄さんが

「はい、ここで降りて、降りたら右へ逃れて」

と説明してくれているのに、私、左へ逃れていました。

それでも、リフト管理のお兄さんは

「降り方バッチリ、うまかったです」

とグーサインしてくれました。

 

 

リフトを降りて、視界ゼロの中を歩いて行きます。

するとインターハイの陸上の登山の競技の高校生がたくさんいて

視界ゼロの中から、突然自衛隊の人たちも現れて、びっくりします。

 

 

そして、もっとびっくりしたのは、石が空間に浮いていたこと。

山形のHさんも、真面目に

「え〜〜〜、何〜〜〜。石が空間に浮いているってどういうこと〜〜?」

と叫んでいて

私が、先頭を歩いていたのですが

「あ〜〜〜、沼が始まってる」

と、もう少しで、気づかずに沼に落ちるところでした。

「え〜〜、沼が始まってるのお〜〜」

とHさんもびっくり。

霧で沼が見えなかったのです。

沼の中の小さな岩の頭だけのぞいていて

それがまるで空に浮いているように見えて

Hさんは

「神秘的ね〜〜」

としきりに感心していました。

 

 

そして、神秘的なドッコ沼に来れたことをみんなとても感激していました。

 

 

だんだん、目が霧に慣れてくると、沼が少しずつ見えてきました。

 

 

霧の中に、登山の人々もいたのです。

 

 

まるで、絵画のよう。

 

 

ドッコ沼の標識があって、標高1264メートルとなっていました。

涼しいです。ここでも夏を忘れていました。

霧に消えているドッコ沼を見ながら

「ドッコ沼はドッコにあるの?」

とか

「ドッコ沼はドッコから始まっているの?」

とか、親父ギャグ言いながら、親父ギャグも霧の中に消えて行きます。

 

 

美しい光景です。

 

 

だんだん霧も晴れてきました。

 

 

気持ちがいい朝です。

 

 

そして、またリフトに乗って、ロープウェイ乗り場まで戻ります。

 

 

帰りのロープェイは、視界も開けて、蔵王の露天風呂も見えて

裸の人のお尻も見えて

「きゃあ〜〜、お尻見えたあ〜」

とロープウェイに乗り合わせた人も叫んでいました。

 

 

蔵王の御釜の位置を尋ねたり、山の名前を教えてもらったり

楽しいロープェイの旅でした。

 

そして、ロープウェイの駅に到着すると山形のHさんの旦那様が

車で迎えに来てくださって、ホテルへ荷物を取りに帰りました。

至れり尽くせりです。< つづく >

 

           お知らせ

 

  

 

  新刊『毎日を平穏にするヨーガの習慣』が

  9月9日、清流出版より発売となります。

  アマゾンにて予約受付中です。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/486029467X?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div

 

2017年8月のアサンガヨーガクティのヨーガクラス

 

 8/18(金)午前中『着席ヨーガ』

 8/18(金)午後『リラックスヨーガ』 

 8/18(金)夜『アサンガヨーガ』

 8/23(水)夜『シャーンティヨーガ』

 8/24(木)午前中『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

   8/24(木)夜、8/25(金)午後『リラックスヨーガ』

 8/25(金)夜『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

 8/30(木)午前中『シャーンティヨーガ』

 8/31(木)夜『リラックスヨーガ』

 

 8/30(水)夜は
 麻布のお寺・延命院で『マントラ瞑想』(18:15〜18:45)と
 『自己を知るヨーガ』(19:00〜20:30)クラスがございます。

 

 その他のクラス、下高井戸お寺ヨーガ、相武台下禅寺ヨーガ
 新子安のシニアーズヨーガ、コナミ本店ヨーガ教室もご参加いただけます。

  

 ご参加お待ちいたしております。


山形旅行・14・蔵王温泉・蔵王国際ホテル

 

7月31日(月)17:30蔵王国際ホテルに着きました。

山形のHさんの旦那さまは、わたしたちをホテルへ送り届けると

「明日は何時にお迎えに来ましょうか?」

と言って

「10時くらいね」

とHさんが答えて、山形市内のご自宅へ帰って行かれました。

なんか申し訳ないような、すごく有り難い気持ちでいっぱいでした。

山形についてから、ずっと車の移動で、しかもとてもスムーズで

行きたいところ、全部行くことが出来ていました。

その日は、無事に蓮の花も御釜も見ることが出来て

ホテルのロビーで、ホッと一息。

ホッとしたためか、私はロビーに白い帽子を忘れていたことにも気づかず

ホテルのボーイさんが届けてくれました。

 

 

部屋に荷物を置いてから、無料ウェルカムドリンクを飲みにラウンジへ。

HさんとDさんと私は、アップルジュース。Sさんは生ビールを飲みました。

 

 

夕食は18:30。

私以外は、ワインを頼んで、おしゃべりに花が咲きました。

Dさんはベテラン高校教師で今は指導主任。

Sさんは学校の事務長さん。

Hさんは英語教室経営のベテラン英語教師。

大学卒業後、みんなしっかり真面目にお仕事して来た人たちです。

家のこともしっかりやっていて、私だけがズッコケ自由人という感じ。

夕食後に温泉に浸かり、露天風呂でのんびり。

白いお湯で、お湯はぬるめです。

なので、長時間入ってしまい、ちょっとふやけちゃいました。

部屋に帰っても、おしゃべりは止まらず

Sさんはもう孫がいるというので

「え〜〜〜、おばあさんなの〜〜?」

とびっくり。

そして、私以外は、みんなスマホなので

「ライン交換しよう」と

3人お布団の上に正座して、スマホ片手に円陣組んでいます。

その姿が面白く、そしてもっとびっくりすることが・・・

Sさんはラインの設定をしたのですが、3人の設定をしなかったため?

Sさんのスマホのアドレス帳に入っている人たち全員に

「ライン始めました」お知らせが一斉に行ってしまったらしく

次から次へと

「ライン始めたんですね」

というお返事が、ひっきりなしに届き、Sさんは青ざめて

「学校関係のカーテン業者や前校の校長にもライン行っちゃたかも・・・」

と。その後もSさんのスマホの着信音?が次々に聞こえていました。

 

 

8月1日(火)5:00に起きて、朝風呂に入ります。

 

 

昨夜の間に、雨が降ったようです。

 

 

露天風呂に入ります。朝はまた清々しいです。

蔵王温泉は、泉質は、含硫化水素明ばん泉、42〜45度 C

効能は、胃腸病、リウマチ、神経痛、切傷、皮膚病となっていました。

 

 

蔵王ホテルの中は、素敵な美術品がいろいろなところにあって

 

 

活けられた花や

 

 

眺めの良い長い廊下。

 

 

足湯もあります。

前の晩は足湯につかりながら、みんなとともに足のむくみをとる動きを実践。

朝は、その日の午前中の予定を立てます。

 

旅の間に、栃木からのSさんは学校から連絡が入り、その日の18:00から臨時会議になるので、事務長さんに出席してもらいたいということで、午前中で帰ることに。和歌山のDさんは、実家のお父さんが頭痛がして病院に行ったという連絡が入り、ちょっと心配な状況に。山形のHさんにも英語の学校や生徒さんから連絡が入っていました。みんな責任のあるキャリアを持ち、人に頼られる年齢なのでしょう。私だけがお気楽で自由な束縛のない人生のような感じ。

 

お風呂から上がって、7:00に朝食に向かいました。< つづく >

 

                お知らせ

 

  

 

  新刊『毎日を平穏にするヨーガの習慣』が

  9月9日、清流出版より発売となります。

  アマゾンにて予約受付中です。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/486029467X?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div

 

2017年8月のアサンガヨーガクティのヨーガクラス

 

 8/17(木)午前中『ヨーガ二ドラー』

 8/17(木)夜、8/18(金)午後『リラックスヨーガ』 

 8/18(金)午前中『着席ヨーガ』

 8/18(金)夜『アサンガヨーガ』

 8/23(水)夜『シャーンティヨーガ』

 8/24(木)午前中『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

   8/24(木)夜、8/25(金)午後『リラックスヨーガ』

 8/25(金)夜『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

 8/30(木)午前中『シャーンティヨーガ』

 8/31(木)夜『リラックスヨーガ』

 

 8/30(水)夜は
 麻布のお寺・延命院で『マントラ瞑想』(18:15〜18:45)と
 『自己を知るヨーガ』(19:00〜20:30)クラスがございます。

 

 その他のクラス、下高井戸お寺ヨーガ、相武台下禅寺ヨーガ
 新子安のシニアーズヨーガ、コナミ本店ヨーガ教室もご参加いただけます。

  

 ご参加お待ちいたしております。

 


山形旅行・13・蔵王温泉へ

 

7月31日(月)16:00蔵王山の「御釜」を無事に見終えて

馬の背(?)というところへ来ました。

そこが、怖すぎる場所。展望台のようになっている断崖絶壁の上。

覗き込むと谷が深すぎて、そして風が強すぎて、飛ばされそうで怖いです。

 

馬の背は、熊野岳から苅田岳へと続く尾根です。

その断崖絶壁は、垂直で、切り立った絶壁です。

覗き込むのも勇気がいります。

 

 

絶壁を上から眺めると、その険しい山肌が馬の背のように見えるからでしょうか?けれど強風で、体が飛ばされそうなので、おちおち絶壁を覗き込んでも入られません。足がすくむし、お尻の辺りがぞわぞわします。足が地についていない感覚です。

 

 

三角に白いところは雪です。涼しいわけです。

 

 

高山植物も見つけることができます。

コマクサという可憐な花です。下向きに咲いているピンクと白の小さなお花。

そして、蔵王ラインを車で下って、蔵王山麓駅に向かいます。

ロープウェイに乗って、地蔵山頂駅に向かう予定でしたが

蔵王山麓駅に到着したのは、17:00頃。下り最終便は16:45で

ロープウェイ終了していました。

それで、翌日の朝、ロープウェイに乗ることにして

その日の宿泊先・蔵王国際ホテルへと向かいます。< つづく >

 

           お知らせ

 

  

 

  新刊『毎日を平穏にするヨーガの習慣』が

  9月9日、清流出版より発売となります。

  アマゾンにて予約受付中です。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/486029467X?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div

2017年8月のアサンガヨーガクティのヨーガクラス

 

 8/16(水)夜、8/17(木)午前中『ヨーガ二ドラー』

 8/17(木)夜、8/18(金)午後『リラックスヨーガ』 

 8/18(金)午前中『着席ヨーガ』

 8/18(金)夜『アサンガヨーガ』

 8/23(水)夜『シャーンティヨーガ』

 8/24(木)午前中『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

   8/24(木)夜、8/25(金)午後『リラックスヨーガ』

 8/25(金)夜『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

 8/30(木)午前中『シャーンティヨーガ』

 8/31(木)夜『リラックスヨーガ』

 

 8/30(水)夜は
 麻布のお寺・延命院で『マントラ瞑想』(18:15〜18:45)と
 『自己を知るヨーガ』(19:00〜20:30)クラスがございます。

 

 その他のクラス、下高井戸お寺ヨーガ、相武台下禅寺ヨーガ
 新子安のシニアーズヨーガ、コナミ本店ヨーガ教室もご参加いただけます。

  

 ご参加お待ちいたしております。

 

 


山形旅行・12・蔵王山・御釜

 

7月31日(月)14:30 御釜に到着です。

今回の旅のメインでもある「御釜」。

雨、曇り、ガスがかかってしまうと見ることができない「御釜」。

 

涼しい強風の中を歩いて行くと、風がガスを払って青空が見えます。

そしてちょっと登って行くと、見えました。

エメラルドグリーーンに輝く「御釜」です。

 

 

近づくと完全にガスは消えて、火口湖がくっきり。

みんな歓声をあげます。

 

 

雲が動いたり、風が吹いたりするたびに色が変化します。

 

 

五色沼というのも納得です。

 

 

雲の影か、光の影か、エメラルドグリーンが黒くなることもあります。

 

 

すっかり堪能して、その場を離れようとすると

ガスがかかり始めました。

 

 

そして、駐車場に着く頃には、完全に曇り。

ガスがかかってしまいました。

危機一髪です。もう少し到着が遅れたら

「御釜」のエメラルドグリーンは見ることができなかったかもしれません。

よかったです。

「みんなどれだけ普段の行いがいいわけ?」

と言うと

「そうよ〜〜」

と。

「もう、奇跡みたい。ちょうど晴れて。よかったあ」

と山形のHさんもホッとしていました。

「みんなに『御釜』を見て欲しかったから」

と、相変わらずとっても優しいです。

和歌山のDさんも

「今回の旅は、天気予報がずっと雨で、楽しみはみんなに会えておしゃべりすることだけ、と覚悟していたけど」

と嬉しい誤算?だったようです。

 

これで、その日は大満足。

ガスがかかる山道を車は降りて行きました。

そして、その日の宿泊先の蔵王温泉に向かいます。< つづく >

 

           お知らせ

 

  

 

  新刊『毎日を平穏にするヨーガの習慣』が

  9月9日、清流出版より発売となります。

  アマゾンにて予約受付中です。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/486029467X?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div

 

 

2017年8月のアサンガヨーガクティのヨーガクラス

 

 8/16(水)夜、8/17(木)午前中『ヨーガ二ドラー』

 8/17(木)夜、8/18(金)午後『リラックスヨーガ』 

 8/18(金)午前中『着席ヨーガ』

 8/18(金)夜『アサンガヨーガ』

 8/23(水)夜『シャーンティヨーガ』

 8/24(木)午前中『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

   8/24(木)夜、8/25(金)午後『リラックスヨーガ』

 8/25(金)夜『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

 8/30(木)午前中『シャーンティヨーガ』

 8/31(木)夜『リラックスヨーガ』

 

 8/30(水)夜は
 麻布のお寺・延命院で『マントラ瞑想』(18:15〜18:45)と
 『自己を知るヨーガ』(19:00〜20:30)クラスがございます。

 

 その他のクラス、下高井戸お寺ヨーガ、相武台下禅寺ヨーガ
 新子安のシニアーズヨーガ、コナミ本店ヨーガ教室もご参加いただけます。

  

 ご参加お待ちいたしております。

 


山形旅行・11・慈恩寺蕎麦とチェリーランド

 

7月31日(月)11:30慈恩寺蕎麦にお蕎麦を食べに来ました。

山形は、お蕎麦も有名だということで、慈恩寺蕎麦は手打ちの太麺。

かみごたえのある美味しいお蕎麦です。

 

そこから、車でチェリーランドへ。

チェリーランドはサクランボのテーマパーク。

 

寒河江市はサクランボの質量とも全国一だそうです。

チェリーパークになぜか「トルコ館」があります。

サクランボはトルコ原産だからだそうです。

びっくりです。

 

まずは、トルコ館へ。

トルコアイスも売っています。

それからお土産屋さんなどを見てから「さくらんぼ会館」へ。

そこで、山形のHさんオススメのジェラードを食べます。

私とDさんは「秘伝豆とサクランボのジェラード」

Sさんは「ブドウと秘伝豆のジェラード」

Hさんは「ゴマと秘伝豆のジェラード」など、どれも美味しいです。

 

 

私の予習では、117種、247本のサクランボの木が栽培されている

「国際チェリーパーク」があるとなっていて、それはどこにあるのか

受付で聞くと、左端の「国際チェリーパーク」で見られるのですが

「今は、サクランボのなっている季節ではないので、117種は、ただの木です。」

ということで、

『なるほど、サクランボがなっていないとただの木』

ちょっと可笑しくなってしまいました。

 

山形のHさんも

「サクランボなってないと、ただの木見ても面白くないから

ガスがかからないうちに蔵王に向かいましょう」

ということで、その日のメインの蔵王の御釜に向かうことになりました。

 

車は山形市方面へと向かい、そこから蔵王国定公園へ向かいます。

蔵王エコーラインを通って、山を登って行きます。

和歌山のDさんは「御釜」のことを知らなかったらしく

「『御釜』って通称?『御釜』って何?」

って関西弁?和歌山弁?で聞いています。

「『御釜』は通称ではなく、正式名称で、五色沼とも呼ばれる火口湖のこと」

という答え。

山の天候は変わりやすく、しかも天気予報は雨。

ガスがかかってしまうと何も見えず、がっくりして下山するということも。

空を眺めながら、祈りながら、御釜へ向かいます。

車が山をカーブするたびに、空の様子をチェック。

 

ちょっと青空も見えて来ました。

「このまま晴れてて」

と祈りながら、標高1600メートルまで車で登って行きます。

「おっ。晴れて来た?」

と言ったり

「あれっ、雲が切れて来た?」

と言ったり

「大丈夫かも?」

と言ったりして、御釜に近づいて行きます。

 

そして駐車場へ。

車から降りるととても涼しく風がすごく強いです。

風が強いので、吹き飛ばされそうになりながら

「御釜はどうなのだ?果たして見られるのか?」

「戻ってくる人たちは、見られた人たちなのか?」

と戻ってくる人たちの表情から、その様子を読み取ろうとしますが

なかなかその判断は難しく・・・

恐る恐る御釜へと近づいて行きます。< つづく >

 

           お知らせ

 

  

 

  新刊『毎日を平穏にするヨーガの習慣』が

  9月9日、清流出版より発売となります。

  アマゾンにて予約受付中です。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/486029467X?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div

 

2017年8月のアサンガヨーガクティのヨーガクラス

 

 8/16(水)夜、8/17(木)午前中『ヨーガ二ドラー』

 8/17(木)夜、8/18(金)午後『リラックスヨーガ』 

 8/18(金)午前中『着席ヨーガ』

 8/18(金)夜『アサンガヨーガ』

 8/23(水)夜『シャーンティヨーガ』

 8/24(木)午前中『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

   8/24(木)夜、8/25(金)午後『リラックスヨーガ』

 8/25(金)夜『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

 8/30(木)午前中『シャーンティヨーガ』

 8/31(木)夜『リラックスヨーガ』

 

 8/30(水)夜は
 麻布のお寺・延命院で『マントラ瞑想』(18:15〜18:45)と
 『自己を知るヨーガ』(19:00〜20:30)クラスがございます。

 

 その他のクラス、下高井戸お寺ヨーガ、相武台下禅寺ヨーガ
 新子安のシニアーズヨーガ、コナミ本店ヨーガ教室もご参加いただけます。

  

 ご参加お待ちいたしております。


山形旅行・10・慈恩寺・古刹

 

7月31日(月)11:00慈恩寺の蓮池から、再び慈恩寺に戻りました。

心配していた雨も降らず、蓮の花を満喫できた私たちはにっこり。

蓮池にいたのは私たちだけで、蓮池独占でした。

 

慈恩寺は慈恩宗の大本山で、三十体の仏像が国の重要文化財に指定されているということです。

 

山形の人は、あまり訪れないと言われるこの古刹は、人はまばらでした。

と言うか、その時点で他の人をほとんど見ませんでした。

 

お寺に参拝すると、お寺の拝観料を納めるところで

「ボランティアガイド必要ですか?」

と声をかけていただき

「はい、お願いします」

と、お願いしました。

 

そして詳しい説明とともに、慈恩寺内を巡ります。

天平時代(746年)に婆羅門僧(インド人)が建立と言うので、びっくり。

その時代にインド人がこの山形にいるというのは、にわかに信じがたいことです。お寺の案内にも、これはあくまで寺伝ですと書いてありました。けれど、何れにしても東北第一の巨刹ということです。重要文化財の仏像・文殊菩薩、普賢菩薩、阿弥陀如来像、十二神将像、弥勒菩薩など、説明を受けながら拝見します。とても勉強になりました。

 

 

三重塔も立派です。

 

 

本堂は茅葺き屋根です。

 

 

境内に誰もいません。静かで素敵なお寺です。

 

 

ボランティアの案内があるのは、本当に素晴らしいです。

聖徳太子像があり、その胎内には血で書かれたお経が入っていて

その血書経も展示されています。

薬師三尊は薬師如来と日光・月光菩薩、静けさに満ちた素敵な仏像です。

十二神将はすごく躍動的で力強く、そのの仏像の頭にそれぞれ十二支がついていて、みんなで「ねずみね」「うしね」「うまね」など言い合いながらじっくり見て回りました。

山形在住のHさんも旦那様も慈恩寺に訪れるのは初めてということでした。

お寺の中にあるお土産屋さんも

「山形の人はあまり来ないの」

と言っていました。

山寺のように芭蕉さんが立ち寄って、俳句でも詠んでいれば、違ったのでしょう。檀家さんのいない貧乏なお寺ということで、そこもびっくりです。

なかなか見所満載の素敵なお寺でありました。< つづく >

 

 

         お知らせ

 

2017年8月のアサンガヨーガクティのヨーガクラス

 

 8/16(水)夜、8/17(木)午前中『ヨーガ二ドラー』

 8/17(木)夜、8/18(金)午後『リラックスヨーガ』 

 8/18(金)午前中『着席ヨーガ』

 8/18(金)夜『アサンガヨーガ』

 8/23(水)夜『シャーンティヨーガ』

 8/24(木)午前中『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

   8/24(木)夜、8/25(金)午後『リラックスヨーガ』

 8/25(金)夜『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

 8/30(木)午前中『シャーンティヨーガ』

 8/31(木)夜『リラックスヨーガ』

 

 8/30(水)夜は
 麻布のお寺・延命院で『マントラ瞑想』(18:15〜18:45)と
 『自己を知るヨーガ』(19:00〜20:30)クラスがございます。

 

 その他のクラス、下高井戸お寺ヨーガ、相武台下禅寺ヨーガ
 新子安のシニアーズヨーガ、コナミ本店ヨーガ教室もご参加いただけます。

  

 ご参加お待ちいたしております。

 

 

うちゅうのエスラジさんの新しい CDが発売になりました。

『くらしのヨーガ』向後隆 

ヨーガのための音楽12ヶ月・12曲の CDです。

とってもリラックスできる音楽で素敵です。

 ヨーガをするとき、リラクゼーションのとき、瞑想の時間に、

ぜひ、このCDをかけていただければと思います。

HPのショップにて、視聴、そしてご購入いただけます。

ご購入の方は、CDのジャケットに載っております URLにアクセスしていただくと、私(赤根彰子)が書きました、12ヶ月・12曲に合わせた12のヨーガのお話をお読みいただくことができます。

どうぞ、『くらしのヨーガ』12ヶ月・12曲・そしてそれに合わせたヨーガのお話をお楽しみください。

 

http://gendaiyoga.com/book_dvd_cd.html#kurashi

 

  新刊『ことばのヨーガ』発売中です。

 

 

https://www.amazon.co.jp/ことばのヨーガ-赤根-彰子/dp/4877587586/ref=sr_1_6?s=books&ie=UTF8&qid=1480550322&sr=1-6&keywords=アノニマ・スタジオ


山形旅行・9・慈恩寺・蓮池

 

7月31日(月)7:30銀山温泉の温泉宿で朝食。

とっても美味しい朝食です。

ご飯はつや姫。大根飯になっていて、大根のお漬物が混ぜられています。

とても美味しいため、お代わりしている人、二人。

 

そして、銀山温泉を後にして、慈恩寺へと向かいます。

慈恩寺は、山形県のほぼ中央にある寒河江市にあります。

銀山温泉から車のナビで寒河江市の方へ向かおうとすると

山形のHさんと旦那さんとの間で、ちょっとしたやりとりが勃発。

Hさんは美容院で、銀山温泉に行く山道は怖い道だから

そこは通らないように言われたと、旦那さんに言っていて

「お願いだから、この道は行かないで」

と訴えています。ノーテンキな私は

『大丈夫じゃないのお〜〜』と思っていましたが

Hさんは至って真剣。それで思い出したのが銀山温泉の宿から届いたメール。

山道を通らずにして指定された道があったと。

そのメールをHさんにも送っていたので、

「それを確認したら?」

と言うと、やはり山道を通らないようにとなっていて

少し、引き返し、それから尾花沢市内に出てから寒河江町に向かうことになりました。

 

途中、将棋の町・天童を通ります。

町の中に将棋の駒のようなオブジェが見受けられます。

天童市は、将棋の駒の産地として有名なのです。

 

そして寒河江市にある慈恩寺に到着しました。

 

 

趣のある古刹です。

 

 

階段を登って、本堂へ。

 

 

山門には仁王像があり、すごく綺麗で立派な山門です。

 

 

梵鐘があり、自由についていいと書いてありました。

3回つくようにと説明されているので、早速つきます。

 

本堂の方へ向かうと、お寺の方に

この鉢の中に頭を入れるように言われ

言われるままに頭を入れると

「若返ります」という説明が。

5人次々と頭を鉢の中に入れ、若返って(?)いきます。

 

そして。私はキョロキョロ。

と言うのも慈恩寺を訪れる2つの理由があって

そのひとつが、慈恩寺蓮の蓮池を見ること。

蓮の花が大好きなのですが、8月は蓮の花の見頃となっていたからです。

でも「蓮池らしきもの」が全然見当たらず・・・

ちょうど、お寺の境内にいらしたお寺関係の人らしき男性に

「あの〜〜、蓮池はどこですか?」

と聞くと、その人は急に走り去り

『えっ?』

と。するとお寺内からお寺のパンフレットを持ってきてくれて

地図で蓮池の場所を教えてくれます。

すると、蓮池はお寺から離れたところに。

私は、お寺内にあると思い込んでいたので

『え〜〜〜〜』とショック。

 

しかもお寺のその人は、全然蓮の花に興味がないらしく

「蓮池に行く価値あります?」

と聞くと

『どうかなあ〜?』

と。蓮の花は、午後になると花がしぼむことや雨が降ると花が閉じてしまうことなどを知っている私は、ともかく、雨が降らない午前中に蓮池に行きたかったのですが、その人は

「夕方ぐらいまで大丈夫なんじゃないですか?」

と平気で言うので

『え〜〜〜、蓮のこと知らないでしょ』と疑問視する私。

「お寺を拝観してから、蓮池に行ったら」

と言う意見も出ましたが、納得できない私が

『う〜〜〜ん』

と悩んでいると山形のHさんが、それを察して

「じゃあ、先に蓮池に行きましょう。それじゃないとあかねちゃんも落ち着かないようだし。お天気が大丈夫なうちに蓮池見て、お寺はその後でゆっくり見ればいいから」

と言ってくれました。

それは、本当は申し訳ないことだったのです。蓮池に行ってまたお寺に戻らなければならないと言う二度手間だからです。

それでも、午前中には蓮池を見ておきたかったので、車で蓮池に行ってもらいました。車で3分ぐらいでした。

 

 

すると、蓮の花が咲いていました。

 

 

ピンクの蓮です。

 

 

蕾も可愛らしいです。

 

 

たくさん咲いています。

 

 

しかも、すぐ近くで見ることができるので、香りも嗅ぐことができます。

白檀のような静かな心落ち着く香りがします。

 

 

花の中も綺麗です。

 

 

蓮の葉は水滴を弾いて、その丸い水滴も綺麗です。

たくさんの蓮の花を見ることができて大満足でした。< つづく >

 

         お知らせ

 

2017年8月のアサンガヨーガクティのヨーガクラス

 

 8/16(水)夜、8/17(木)午前中『ヨーガ二ドラー』

 8/17(木)夜、8/18(金)午後『リラックスヨーガ』 

 8/18(金)午前中『着席ヨーガ』

 8/18(金)夜『アサンガヨーガ』

 8/23(水)夜『シャーンティヨーガ』

 8/24(木)午前中『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

   8/24(木)夜、8/25(金)午後『リラックスヨーガ』

 8/25(金)夜『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

 8/30(木)午前中『シャーンティヨーガ』

 8/31(木)夜『リラックスヨーガ』

 

 8/30(水)夜は
 麻布のお寺・延命院で『マントラ瞑想』(18:15〜18:45)と
 『自己を知るヨーガ』(19:00〜20:30)クラスがございます。

 

 その他のクラス、下高井戸お寺ヨーガ、相武台下禅寺ヨーガ
 新子安のシニアーズヨーガ、コナミ本店ヨーガ教室もご参加いただけます。

  

 ご参加お待ちいたしております。

 

 

うちゅうのエスラジさんの新しい CDが発売になりました。

『くらしのヨーガ』向後隆 

ヨーガのための音楽12ヶ月・12曲の CDです。

とってもリラックスできる音楽で素敵です。

 ヨーガをするとき、リラクゼーションのとき、瞑想の時間に、

ぜひ、このCDをかけていただければと思います。

HPのショップにて、視聴、そしてご購入いただけます。

ご購入の方は、CDのジャケットに載っております URLにアクセスしていただくと、私(赤根彰子)が書きました、12ヶ月・12曲に合わせた12のヨーガのお話をお読みいただくことができます。

どうぞ、『くらしのヨーガ』12ヶ月・12曲・そしてそれに合わせたヨーガのお話をお楽しみください。

 

http://gendaiyoga.com/book_dvd_cd.html#kurashi

 

  新刊『ことばのヨーガ』発売中です。

 

 

https://www.amazon.co.jp/ことばのヨーガ-赤根-彰子/dp/4877587586/ref=sr_1_6?s=books&ie=UTF8&qid=1480550322&sr=1-6&keywords=アノニマ・スタジオ

 

 


山形旅行・8・銀山温泉・銀鉱跡

 

7月31日(月)朝5:00に起きました。

夜は雨が降っていましたが、朝は曇り。

朝風呂に入ります。

銀山温泉のお湯は、なかなか熱いお湯です。

昨日の足湯も結構な熱さでした。

 

泉質は含食塩硫化水素泉、44〜65度Cとなっています。

効能は、胃腸病・リウマチ・婦人病・皮膚病・痔疾・火傷・切傷・湿疹。

 

朝食は7:30なので

それまでに朝の散策。私は前日に行くことができなかった

銀鉱跡を目指します。

 

 

朝の清々さを感じつつ、山道をどんどん歩いて行くと、蒸し暑くなってきます。

 

 

途中、誰?という銅像に出くわします。

朝靄の中に急に・・・びっくりします。

1456年に銀山を発見した儀賀市郎左衛門の像です。

 

そして山道を登って行く途中で、向こうから戻ってくる

山形のHさんの旦那様が・・・

「おはようございます」

とご挨拶。そしてすれ違って、山道を登って行こうとすると

Hさんの旦那様が、何か言いにくそうに、口ごもりながら

「これを言うとなんですが・・・あれですけど・・・あのお〜」

と。なんだか全然要領を得ません。すると

「なんかね。この山、あれ、熊が出そうな感じなので、行くのはどうかと・・」

と。少し行って、引き返して来られたようでした。

「え〜〜〜。熊〜〜〜」

と和歌山からのDさんもちょっとビビっています。

それでも、私は、全然気にも止めずに前へと歩き続け、後ろからDさんが

「熊が出たらどうしたらいいの?」

と聞くので

「ん?なんか熊に背を向けて走って逃げちゃいけないと聞いたことがあるから

 そのまま後ずさりするってことかな?」

とか曖昧な返事をしながら、私の頭は銀鉱跡を見ることにすっかり支配されていて、引き返すと言う選択肢はゼロだったのです。

 

 

ほどなくして、銀鉱跡の入り口が見えましたが

まだ朝の6:00で人影もなく、暗いし、すごい怖い感じ。

このまま進んでいいものかという雰囲気でしたが

 

 

そのまま進んでみました。真っ暗。

階段は深く下へ続いていますが、看板は落石注意の文字。

このまま降りて行って大丈夫なのか?という怪しげな雰囲気に満ちていて

『ヒャ〜〜〜、怖っ』

 

 

その洞穴はどこまで続いているのかもわからず

しゃべると声が洞窟内に響くし・・・

ちょっと足早に進んで行くと・・・意外に早く出口の光が見えました。

 

 

出口のすぐ近くに「長寿池」がありました。

ちょっとホッとします。

『これで長寿になるということで・・・』

長寿池に合掌して、そのまま歩き出そうとすると

和歌山からのDさんが

「こっちに行って戻れるの?」

と言って

『あっ。確かに。歩き続けて行ってしまうと7:30の朝食に間に合わないかも』

ということで

「じゃあ、今来た道を戻ろうか?写真も撮らずに銀鉱跡を来ちゃったから」

と言って、どのくらい奥深いかわからなかったので、ちょっと急いでしまって

銀鉱跡をじっくりみて来なかったので、戻ってじっくり見ることにしました。

 

 

「銀ってどんな風に掘り出されるんだろう?」

と、二人で話しながら

「銀色の石なのか?それとも石を磨くことによって銀になるのか?」

と江戸時代の銀鉱跡・洞穴で、不毛な会話を続ける私たち

「最初から銀色ってことはないと違う?」

と関西弁?和歌山弁か?

「ここも怖いけど、あの高野山の夜の奥の院も怖かったねえ〜」

と、以前、一緒に旅した高野山のことなど思い出します。

 

 

江戸時代にこの洞穴で、銀が掘られていたことに思いを馳せると

なんとも不思議な感覚になります。

 

 

入り口に戻って、振り返るとこんな感じ。

銀鉱の入り口は、かなり急な階段で降りて行く形になっています。

 

 

山道を戻りながら、緑の山を眺めます。

 

 

『あれっ。百合の香りがする』

と思って見回すと、大きな山百合が咲いていました。

 

 

朝食に遅れないように戻ります。

 

 

朝から、森林浴したなあ〜という感じの山形旅行二日目の朝です。< つづく >

 

         お知らせ

 

2017年8月のアサンガヨーガクティのヨーガクラス

 

 8/16(水)夜、8/17(木)午前中『ヨーガ二ドラー』

 8/17(木)夜、8/18(金)午後『リラックスヨーガ』 

 8/18(金)午前中『着席ヨーガ』

 8/18(金)夜『アサンガヨーガ』

 8/23(水)夜『シャーンティヨーガ』

 8/24(木)午前中『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

   8/24(木)夜、8/25(金)午後『リラックスヨーガ』

 8/25(金)夜『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

 8/30(木)午前中『シャーンティヨーガ』

 8/31(木)夜『リラックスヨーガ』

 

 8/30(水)夜は
 麻布のお寺・延命院で『マントラ瞑想』(18:15〜18:45)と
 『自己を知るヨーガ』(19:00〜20:30)クラスがございます。

 

 その他のクラス、下高井戸お寺ヨーガ、相武台下禅寺ヨーガ
 新子安のシニアーズヨーガ、コナミ本店ヨーガ教室もご参加いただけます。

  

 ご参加お待ちいたしております。

 

 

うちゅうのエスラジさんの新しい CDが発売になりました。

『くらしのヨーガ』向後隆 

ヨーガのための音楽12ヶ月・12曲の CDです。

とってもリラックスできる音楽で素敵です。

 ヨーガをするとき、リラクゼーションのとき、瞑想の時間に、

ぜひ、このCDをかけていただければと思います。

HPのショップにて、視聴、そしてご購入いただけます。

ご購入の方は、CDのジャケットに載っております URLにアクセスしていただくと、私(赤根彰子)が書きました、12ヶ月・12曲に合わせた12のヨーガのお話をお読みいただくことができます。

どうぞ、『くらしのヨーガ』12ヶ月・12曲・そしてそれに合わせたヨーガのお話をお楽しみください。

 

http://gendaiyoga.com/book_dvd_cd.html#kurashi

 

  新刊『ことばのヨーガ』発売中です。

 

 

https://www.amazon.co.jp/ことばのヨーガ-赤根-彰子/dp/4877587586/ref=sr_1_6?s=books&ie=UTF8&qid=1480550322&sr=1-6&keywords=アノニマ・スタジオ

 

 


山形旅行・7・銀山温泉の夜

 

7月30日(日)18:00

山形県尾花沢市銀山温泉の古勢記別館にて夕食です。

5人でお泊まりするのは初めてです。

4人は大学時代の美術部の同級生メンバーで

大学時代は、美術部の合宿でいろいろな所に行きました。

あの頃は、油絵の道具を担いで、写生して、油絵を仕上げて

最後は、合評会して、夜は宴会でした。

 

その頃のことを思い出しながらの夕食です。

美術部は、先輩がみんな、個性的で強い人が多く

栃木のSさんは合宿係だったということで

「先輩に怒られて〜〜」

と苦笑い。

私は、上高地や大島で写生した油絵を思い出しました。

上高地では白樺の林、大島では牛がいる牧草地を描きました。

ずっと忘れていたことです。

 

山形は、つや姫というお米が有名らしく

夕食に出たつや姫はとても美味しかったです。

会うのが久しぶりなのに、全然、違和感なく

みんな自然に溶け込んでいます。

山形のHさんの旦那様は、ずっと運転してくださって

いろいろ山形のことも教えてくださって

すごく穏やかな優しい、しかも気がつく方で、びっくりです。

 

そしてデザートの時間。

全員が尾花沢スイカが出ることに手を上げていましたが・・・

なんと、デザートの果物はメロンでした。

全員・ズッコケル。

 

そして、夜の温泉街へ浴衣に着替えて出かけました。

 

 

月も出ています。

天気予報は3日間とも雨だったので、レインシューズも持って行った私でしたが

7月30日(日)は、雨に降られることなく、晴れでした。

浴衣で、下駄はいて、夜の温泉街をぶらぶら歩いて

古勢記屋旅館の姉妹旅館である「銀山荘」の温泉に入りに行きます。

「銀山荘」のお風呂の方が大きく、露天風呂もあるからです。

 

 

ガス灯が灯った夜の温泉街も素敵です。

 

 

不思議な注連縄(しめなわ)みたいなものが・・・

『ナンジャコリャ』と。

それでも、とりあえず、手を合わせておきました。

 

 

銀山荘は温泉街からはちょっと離れた所(徒歩6分)にあります。

看板にはカワセミでしょうか?

私はペンギン好きですが、その次に好きな鳥がカワセミです。

ブルーとオレンジのコントラストが可愛らしい鳥です。

 

 

これは、銀山荘のもう一つの看板。露天風呂は寝ながら入れる温泉です。

寝ながら、一人一人入れる露天風呂で、4人並んで

「気持ちいい〜〜〜」

と涼しい夜風に吹かれながら、深い緑の山を眺めながら、おしゃべり。

リラックスです。

 

 

温泉で旅の疲れを流して、またぶらぶら歩いて帰ります。

どこもお花がいっぱい。

 

 

夜の旅館は明かりが灯り、それもまた素敵です。

 

 

水の音を聞きながらの夜の散歩。とても涼しいです。

夏なのを忘れそうな涼しさ。

足湯しながら、足のむくみがとれる方法をみんなに教えて

銀山温泉での夜は更けて行きました。

 

 

そして、宿泊する旅館に戻ってきました。

窓の明かりが綺麗です。

涼しいので、クーラーも止めてしっかり布団もかけて寝ました。

充実した7月30日(日)山形旅行1日目でした。< つづく >

 

         お知らせ

 

2017年8月のアサンガヨーガクティのヨーガクラス

 

 8/16(水)夜、8/17(木)午前中『ヨーガ二ドラー』

 8/17(木)夜、8/18(金)午後『リラックスヨーガ』 

 8/18(金)午前中『着席ヨーガ』

 8/18(金)夜『アサンガヨーガ』

 8/23(水)夜『シャーンティヨーガ』

 8/24(木)午前中『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

   8/24(木)夜、8/25(金)午後『リラックスヨーガ』

 8/25(金)夜『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

 8/30(木)午前中『シャーンティヨーガ』

 8/31(木)夜『リラックスヨーガ』

 

 8/30(水)夜は
 麻布のお寺・延命院で『マントラ瞑想』(18:15〜18:45)と
 『自己を知るヨーガ』(19:00〜20:30)クラスがございます。

 

 その他のクラス、下高井戸お寺ヨーガ、相武台下禅寺ヨーガ
 新子安のシニアーズヨーガ、コナミ本店ヨーガ教室もご参加いただけます。

  

 ご参加お待ちいたしております。

 

 

うちゅうのエスラジさんの新しい CDが発売になりました。

『くらしのヨーガ』向後隆 

ヨーガのための音楽12ヶ月・12曲の CDです。

とってもリラックスできる音楽で素敵です。

 ヨーガをするとき、リラクゼーションのとき、瞑想の時間に、

ぜひ、このCDをかけていただければと思います。

HPのショップにて、視聴、そしてご購入いただけます。

ご購入の方は、CDのジャケットに載っております URLにアクセスしていただくと、私(赤根彰子)が書きました、12ヶ月・12曲に合わせた12のヨーガのお話をお読みいただくことができます。

どうぞ、『くらしのヨーガ』12ヶ月・12曲・そしてそれに合わせたヨーガのお話をお楽しみください。

 

http://gendaiyoga.com/book_dvd_cd.html#kurashi

 

  新刊『ことばのヨーガ』発売中です。

 

 

https://www.amazon.co.jp/ことばのヨーガ-赤根-彰子/dp/4877587586/ref=sr_1_6?s=books&ie=UTF8&qid=1480550322&sr=1-6&keywords=アノニマ・スタジオ


山形旅行・6・銀山温泉街散策

 

7月30日(日)17:30山形県尾花沢市銀山温泉街を散策です。

お花がいっぱいの欄干を渡り、銀山川の清流を挟んだ温泉旅館を

眺めながら、白銀の滝に向かいます。

 

 

ずっとレトロな建物が、川の両側に立ち並んでいます。

 

 

新国立競技場の建築家がデザインした旅館があります。

木を生かしたデザインです。

 

 

温泉街を抜けると、白銀公園があり、建物はなくなり緑が溢れてきます。

 

 

蝉も鳴いて、鬱蒼とした緑の向こうに青空が・・・

 

 

滝が見えてきました。白銀の瀑(ばく)・滝です。

昨日まで雨が随分降っていたので、水量も多く、滝の音が

ゴーゴーなっています。

 

 

芭蕉もここを訪れたのかなあ〜などと思いながら

どんどん滝に近づいていきます。

 

 

水しぶきがかかるぐらい近くへ行くことができます。

 

 

川の上に赤い橋も架かっています。

 

 

途中に上ノ畑観音堂があります。

そこからもっと奥の山道を登って行った先に銀鉱跡があります。

江戸時代に延沢銀山で働く坑夫たちが温泉を発見し、疲れを癒したのが

銀山温泉の始まりで、銀山遺跡は国の史跡となっています。

私はどんどんそこへ歩いて進んで行こうとしたら

栃木からのSさんに

「これ以上行ったら、夕食までに帰れないと思う」

と言われ

「そうであった。帰りましょう」

と、言われなければ、銀鉱跡まで行っていたであろう私。

行きたいところへ暴走して行く私でした。

 

白銀公園の入り口まで戻ったら

山形のHさんと旦那様がカリーパン食べながら待っていてくれました。

 

 

温泉街へ戻り、明るいうちに写真を撮りたいということで

 

 

漆喰の壁に12ヶ月の風習が描かれている(掘られている)旅館や

足湯ができる場所、素敵なカフェやレストランなど眺めながら

旅館へと戻りました。 < つづく >

 

         お知らせ

 

2017年8月のアサンガヨーガクティのヨーガクラス

 

 8/16(水)夜、8/17(木)午前中『ヨーガ二ドラー』

 8/17(木)夜、8/18(金)午後『リラックスヨーガ』 

 8/18(金)午前中『着席ヨーガ』

 8/18(金)夜『アサンガヨーガ』

 8/23(水)夜『シャーンティヨーガ』

 8/24(木)午前中『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

   8/24(木)夜、8/25(金)午後『リラックスヨーガ』

 8/25(金)夜『ヨーガ・スートラ』クラス NEW!

 8/30(木)午前中『シャーンティヨーガ』

 8/31(木)夜『リラックスヨーガ』

 

 8/30(水)夜は
 麻布のお寺・延命院で『マントラ瞑想』(18:15〜18:45)と
 『自己を知るヨーガ』(19:00〜20:30)クラスがございます。

 

 その他のクラス、下高井戸お寺ヨーガ、相武台下禅寺ヨーガ
 新子安のシニアーズヨーガ、コナミ本店ヨーガ教室もご参加いただけます。

  

 ご参加お待ちいたしております。

 

 

うちゅうのエスラジさんの新しい CDが発売になりました。

『くらしのヨーガ』向後隆 

ヨーガのための音楽12ヶ月・12曲の CDです。

とってもリラックスできる音楽で素敵です。

 ヨーガをするとき、リラクゼーションのとき、瞑想の時間に、

ぜひ、このCDをかけていただければと思います。

HPのショップにて、視聴、そしてご購入いただけます。

ご購入の方は、CDのジャケットに載っております URLにアクセスしていただくと、私(赤根彰子)が書きました、12ヶ月・12曲に合わせた12のヨーガのお話をお読みいただくことができます。

どうぞ、『くらしのヨーガ』12ヶ月・12曲・そしてそれに合わせたヨーガのお話をお楽しみください。

 

http://gendaiyoga.com/book_dvd_cd.html#kurashi

 

  新刊『ことばのヨーガ』発売中です。

 

 

https://www.amazon.co.jp/ことばのヨーガ-赤根-彰子/dp/4877587586/ref=sr_1_6?s=books&ie=UTF8&qid=1480550322&sr=1-6&keywords=アノニマ・スタジオ


| 1/209PAGES | >>