赤根彰子オフィシャルサイト・現代ヨーガアシュラム



ことばのヨーガ

「ことばのヨーガ」

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

categories

archives

gendaiyoga store

Takashi KOUGO YouTube

CD・DVD・BOOKS

姫路〜神戸〜徳島の旅(14)

 

11月6日(火)9:50 大塚国際美術館。

エル・グレコの部屋にあるエル・グレコの祭壇衝立復元。

 

大塚国際美術館は、「ボンカレー」「オロナミンC」「ゴキブリホイホイ」「ポカリ・スウエット」「カロリーメイト」などで有名な大塚製薬グループの創立75周年の記念行事として1998年(平成10年)に創設された美術館です。

「ボンカレー」「ゴキブリホイホイ」「ポカリ・スウェット」などの斬新さ。

そして、この大塚国際美術館の度肝を抜く斬新さに、しばし言葉を失います。

なぜ、こういう美術館ができたのかその経緯は、とても興味深いものでした。

大塚製薬(株)グループには大塚オーミ陶業という会社があります。鳴門海峡の白砂を原料としてタイルの製造から始まった会社です。それが美術陶板へと移行していきます。その研究努力は、想像を絶しますが、3万色の釉薬と1m×3mの陶板を焼くことに成功するのです。

 

 

エル・グレコ『オルガス伯爵の埋葬』サントメ聖堂、トレド・スペイン。

 

この作品の本物は、スペインのトレドに行ったときに見ました。

この絵画の中には、エル・グレコ自身も描かれています。

 

 

大塚国際美術館のすごいところは、全てがレプリカではあるのですが

世界の名画が並んで、一気に見ることができることと

例えば、このエル・グレコの絵画においては

いろいろな国・美術館・教会などにある絵画をここで合体させて

一つの衝立にはめ込んで復元していることです。

 

1000点以上の名画を実際に見ようとしたら

どれだけの海外の美術館・教会を廻らなければならないか・・・

それは、本当に限られた人にしか許されないことです。

 

もちろん、できれば本物を見たいわけですが・・・

これはまた別物として・・・楽しめるし、感動します。

 

 

このエル・グレコの絵の中の人物の一人の目線が

見る人が右から左に動いてもずっと目があったままになり

また左から右に動いてもずっと目があったままで・・・不思議です。

 

絵画の前を行ったり来たりしながら・・・

すでにガイドツアーの集団は次の部屋に移動しているのでした。(つづく)

 

          お知らせ

 

2018年11月のアサンガヨーガクティのヨーガクラス

 

   11/29(木)午前中『シャーンティヨーガ』

   11/29(木)夜、11/30(金)午後『リラックスヨーガ』

   11/30(金)夜『アサンガヨーガ』 

 

 11/28(水)夜は
 麻布のお寺・延命院で『マントラ瞑想』(18:15〜18:45)と
 『自己を知るヨーガ』(19:00〜20:30)クラスがございます。

 

 9/25(火)夜 〜12/18(火)夜 <全8回>

 共立アカデミー(神保町・共立女子大学)での「リラックスヨーガ」クラスが開催中です。

  

 その他、下高井戸お寺ヨーガ  相武台下常福寺
 新子安のシニアーズヨーガ、コナミ本店(品川・青物横丁)のヨーガクラスもご参加いただけます。

 ご参加お待ちいたしております。

 

  

 

 『毎日を平穏にするヨーガの習慣』(清流出版)

   

https://www.amazon.co.jp/dp/486029467X?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div